卒業生の近況 |  2018/03/22

芸術学科卒業生・柴崎春通さん(42A)が個展「水彩画展―自然と都会を描く―」を開催します。

みなさま、是非ご覧ください。



柴崎春通 個展
「水彩画展―自然と都会を描く―」



柴崎春通の画廊るたんでの5年ぶり3回目となる個展のご案内です。
個展での作品発表にこだわってきた柴崎は、長くは油絵で制作してきましたが、20年ほど前から徐々に不透明の画材から透明水彩の仕事に移り、ここ10年間は毎年行う発表でもその作品のほとんどを占めるまでに至っています。
近年はYouTube上で作品を公開する事に踏み切り、1年未満で登録者数6万名に迫る反響を得ています。
今回は「都市と自然」と銘打って、本来あるべき自然の営みと、人間が創り出したシステムの不整合な調和を、作家の目線で切り取り描き、展示空間に表現してくれます。田舎に住み都会で仕事をする作家の生活空間から感じた色や形、賛美でもなく呪詛でもなく画家としての生活者がひと時の世界に誘います。
出品作品は40号サイズ〜3号サイズまで約20点を予定しています。

■会期:2018年3月26日(月)〜3月31日(土)

■時間:11:00〜18:30(最終日17:00まで)

■会場:画廊るたん
 〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-7 新保ビル2F
 TEL/FAX:03-3541-0522

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ