学生たちの活躍 |  2018/03/22

2018年3月16日(水)に、町田市生涯学習センターホールにて開催された「さがまちバンバンアワード2017」で、総合文化学科・小林茂ゼミの学生たちが制作した映像作品「町田仲町商店街」がグランプリを受賞しました!

小林茂ゼミは、昨年も準グランプリ・ドラマ部門大賞「MOVIX橋本賞」を受賞しており、昨年に続く快挙となりました。

このイベントは、相模原市及び町田市の地域情報の中から、大学生が興味を持った内容を、大学生の視点で取材・制作する地域情報番組「さがまちバンバン(J:COMチャンネル内で毎日放送)」内で、今年度放映された全15作品の上映とグランプリを決める学生参加型のイベントです。

全15作品上映後には、受賞式が行われ、審査員の厳正な審査によって選ばれたグランプリ1本・準グランプリとして「バラエティ部門賞」「ドキュメンタリー部門賞」「ドラマ部門賞」がそれぞれ授与されました。

審査員の講評は「丁寧に取材し、情熱が感じられる」と評価が高かった、また、学生の挨拶では「最初はお互いよく知らなかったけれど、作品を作る中で仲良くなれてよかったです」というものだったようです。

作品は12月に放送されたものですが、下記URLからご覧いただけます。
みなさま、是非ご覧ください!

【さがまちバンバン 公式サイト】

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ