教職員から |  2018/02/15

心理教育学科の太田素子先生(専門:教育学・教育史、保育・子育ての歴史)が、2018年3月25日(日)に開催される総合女性史学会2017年度大会「歴史にみる子どもをめぐる諸問題」で報告を行います。

ご関心のある方は、是非ご参加ください。



総合女性史学会2017年度大会
「歴史にみる子どもをめぐる諸問題」


(※上の画像をクリックするとPDFが開きます。)

■日時:2018年3月25日(日)10:30〜17:00

■会場:昭和女子大学 7号館6S03教室
 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
 ●アクセス⇒東急田園都市線「三軒茶屋」駅下車 徒歩7分

■報告者
 <古代> 田中禎昭 氏 「籍帳に見る古代の子ども」
 <中世> 土谷恵 氏 「中世の寺院社会と童たち」
 <近世> 太田素子 氏 「子返しと捨子―二つの子育て意識、その地域社会の背景を考える」
 <近現代> 石月静恵 氏 「近代における子どもへのまなざしと子どもの意識」

■参加費
 会員・一般:1,000円/学生・大学院生:500円
 懇親会費 会員・一般:3,500円/学生・大学院生:2,000円

■お申込方法
下記を明記の上、お申込みください。
 ・メールの場合は、件名を「大会申し込み」としてください
 ・はがきの場合は、〒154-8533世田谷区太子堂1-7-57 昭和女子大学総合教育センター友野清文宛
 ・お名前
 ・ご住所
 ・電話・FAX番号
 ・総会(出席・欠席)
 ・大会(参加・不参加)
 ・懇親会(参加・不参加)

■お申込み・お問い合わせ先
 総合女性史学会事務局
 E-mail:jimukyoku@sogojoseishi.com 

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ