教職員から |  2018/01/31

卒業生で非常勤講師の山本和智先生が作曲した「3人の箏奏者と室内オーケストラのための『散乱系』」が、2018年1月20日(土)に開催された神奈川芸術文化財団 芸術監督プロジェクト「ミュージック・クロスロード」で演奏されました。

この作品は、客席の頭上まで糸を張りめぐらせ、ホール全体がひとつの楽器になるという大仕掛けゆえに山本先生自身も再演は難しいと思っていた作品とのこと。

リハーサルの様子が毎日新聞で、当日の様子が朝日新聞で取り上げられています。

記事は、A棟1階エレベーター前の掲示板に掲示していますので、みなさま是非ご覧ください。


◎毎日新聞 2018年1月9日(火)夕刊6面 「糸」を題材に表現実験

◎朝日新聞 2018年1月29日(月)夕刊3面 ミュージック・クロスロード 目・耳で味わう 表現者の集い



★過去の関連記事はこちらから
 神奈川県立音楽堂主催「ミュージック・クロスロード」にて非常勤講師・山本和智先生の作品が演奏されます

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ