教職員から |  2017/11/01

心理教育学科の太田素子先生がシンポジウム「後近代の保育・幼児教育改革〜スウェーデンのレッジョ・インスピレーション」に参加します。

このシンポジウムは、太田先生が会長をつとめつ幼児教育史学会が東京大学 発達保育実践政策学センター(Cedep)と共催で開催するものです。

ご関心のある方は是非ご参加ください。



幼児教育史学会・東京大学 発達保育実践政策学センター(Cedep)共催シンポジウム
後近代の保育・幼児教育改革〜スウェーデンのレッジョ・インスピレーション


(※詳細はこちらのチラシでもご覧いただけます。画像をクリックするとPDFが開きます。)

■日時:2017年12月9日(土)14:00〜17:30(開場13:00)

■会場:伊藤謝恩ホール(東京大学本郷キャンパス 赤門すぐ)
 
 
 【講演 14:10〜16:00】
  「幼児教育―スウェーデンの事例 すべての子どものための包括的で体系的・ホリスティックな幼児教育構築の物語」
   ◆報告:グニラ・ダールベリ(ストックホルム大学名誉教授)
   ◆司会・開会挨拶:椨 瑞希子(聖徳大学教授・幼児教育史学会理事)
   ◆逐次通訳:平林 祥(ひかり幼稚園)

 【パネル討論 16:20〜17:20】
   ◆グニラ・ダールベリ
   ◆太田 素子(和光大学教授・幼児教育史学会会長)
   ◆秋田 喜代美(東京大学大学院教育学研究科教授・同附属発達保育実践政策学センター センター長)
   
       ◆閉会挨拶:野澤 祥子(東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター 准教授)


■参加費無料

■お申し込み方法:発達保育実践政策学センター(Cedep)のウェブサイトからお申込みください。
        URL:http://www.cedep.p.u-tokyo.ac.jp/

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ