学生たちの活躍 |  2017/10/17

10月14日(土)に 、鶴川地区協議会が主催するワークショップ「大好き鶴川!みんなで未来をデザインしよう!!」が開催されました。
このイベントは、小学生・中学生・高校生・大学生、そして社会人1年生まで、子どもたちと若者の声を街づくりにいかそうという催しです。

会場となった和光大学ポプリホール鶴川には、50名ほどの参加者が集まり、コーディネータの平田隆之先生(NPO法人市民プロデュース)の進行で、笑い声が絶えないなか、会は和やかに進みました。
本学からは、鶴川地区の住民として、実家を離れ、鶴川で一人暮らしをしている山口隆洋さん(現代人間学部心理教育学科)が参加しました。学内でさまざまな活動にかかわり、ワークショップには慣れている山口さんも、小学生から社会人まで参加するグループワークはさすがに初めての体験。戸惑いながらも、楽しそうに参加していました。

鶴川地区協議会は、町田市鶴川地区の自治会・地域組織・事業所などが中心となって結成された地域団体の連合体で、本学も加入しています。
これからも、もさまざまな行事にかかわっていきますので、鶴川地区に住んでいる皆さんも、そうではない皆さんも、興味がありましたら、企画室(A棟1階)までお問い合わせください。


 
▲挨拶をされる鶴川地区協議会の大川原久代表

 
▲ワークショップに参加した山口さん

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ