卒業生の近況 |  2017/09/28

人間関係学科卒業生のフォトグラファー・伏見行介さんが写真展を開催されます。

ギャラリートークも行われますので、みなさま是非足をお運びください。



伏見行介 作品展
Toward the Landscape ―見える時、見えない時―



本学を卒業され、広告写真の世界で長らく活躍されているフォトグラファー・伏見行介氏の写真展のご案内です。
伏見氏は在学中から写真を撮られており、そのころの作品は当時のキャンパスの空気を伝えるとても見ごたえのあるものです。
卒業後は、芸術学科の専攻科を経て、何人かの写真家に師事したのちに独立、広告写真の分野で活躍されてきました。現在は、自身で撮影をされるほか、フォトプロダクションの経営や後進の育成などもされています。

■会期:2017年10月13日(金)〜10月26日(木)11:00〜19:00

■場所:ソニーイメージングギャラリー銀座
 東京都中央区銀座5-8-1 銀座プレイス6階

◆ギャラリートーク(入場無料/事前予約不要)◆
 10月14日(土)17:00〜17:45/ゲスト:立木義浩氏(写真家)
 10月20日(金)17:30〜18:15/ゲスト:石田立雄氏(フォトエディター・前CAPA編集長)


今回の写真展のコンセプトがギャラリーのウェブページに掲載されています。また、展示される写真の一部をご覧いただけます。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ