教職員から |  2017/06/27

2017年5月10日(水)に、インドネシアのマランイスラム大学(UNISMA)のマスクリ学長 、ジュナイディ副学長、国際交流センター長にあたるノフィ先生が和光大学を表敬訪問しました。


▲左から酒井事務局長、坂井国際交流センター長、樋口副学長、伊東学長、マスクリ学長 、ジュナイディ副学長、ノフィ先生、経済経営学部バンバン先生


マランイスラム大学は、1981年に設立された大学で、学生数は1万人以上です。医学部や経済学部など10の学部があり、大学院修士課程と博士課程も設置されています。
マランイスラム大学では、日本語や日本文化の教育に力を入れていく計画があり、今回の表敬訪問となりました。
国際交流センター長にあたるノフィ先生は、日本での留学経験があり、日本文化にも深い理解をお持ちでした。

今後は、教員同士の交流から、交換留学など相互協力を進めていきたいと考えています。


 

 



【マランイスラム大学(UNISMA)ホームページ】
http://www.unisma.ac.id/  ※海外のサイトにつながります

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ