学生たちの活躍 |  2017/05/10

経営学科の小林猛久先生のゼミ生が、4月7日(金)に川崎市で開催された花まつりの運営支援を行いました。
ゼミ生の後藤 漱一郎さん(15B)から当日の報告が届きましたので、ご紹介します。



2017年4月7日(金)、私たち小林猛久ゼミナールは、川崎パレール商店会様と川崎市南部仏教会様の共催による花まつりの運営支援を行いました。花まつりとは、御釈迦様の誕生をお祝いするとともに、子どもたちの健やかな成長を祈願する行事です。
毎年Facebookの広告で参加者を募っていますが、今年も短期間の募集ながら川崎市内外からお稚児さんがたくさん集まってくださいました。
お稚児さんたちが安全に行列をできるようにサポートを行ったり、法要終了後や稚児衣装着付け時などには、子どもたちが飽きないようにパンダとウサギの着ぐるみをつけて楽しく遊べる工夫をしたり、参加記念としてわたあめや生花の配布をしました。
3年ぶりの晴天で、稚児行列ができたことは良かったですが、先輩たちも初めての経験で、学生たちは皆手探り状態でした。いろいろな部分で行き届かないことが多かったので、来年は今年の反省点を生かして、よりよい運営ができるようにしたいと思います。


 
左)開始前の打ち合わせ(赤4年生、黄3年生)   右)稚児行列の周囲でサポート

 
左)天候に恵まれて元気に稚児行列        右)法要

15B 後藤 漱一郎

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ