教職員から |  2017/04/10

4月5日(木)に行われた入学登録では、現代人間学部・表現学部・経済経営学部の各学部長からも新入生へ向けて、メッセージがおくられました。
一部抜粋して、ご紹介します。



現代人間学部長 伊藤武彦





新入生の皆さん、和光大学への入学ありがとうございます。また、ご家族の皆さん、今日はご参加いただきありがとうございました。お子様のご成長おめでとうございます。
本日、皆さんは大学に来たとき図書館の横を通って来たかもしれません。図書館の検索システムは「さとるくん」です。本学の図書館と検索システムの名前にもなっている初代学長の梅根悟は日本の西洋教育史の第一人者でした。梅根悟は和光大学は「自由な学習と研究の共同体」と言っています。和光大学という共同体で学生が、いわばはだしで歩いて経験からのびのび学ぶこと、共有知識と体験をもとに、自分らしさ=異質力をもつこと、これが皆さんの学生としての仕事です。そして教員の仕事は「伴走者」として皆さん=学生の傍らに居合わせることです。

和光大学では、「入学式」を「入学登録」と言っています。和光大学は形式にとらわれない大学ということです。今日これから皆さんは、大学生活の主人公は自分なのだと再確認して、自分の名前を署名すると良いでしょう。

高校までと大学との違いは何でしょう。高校までの教育は、与えられた課題をなるべく正確に、与えられた時間で行う勉強が多かったと思います。一方、大学の教育は自分で発見することが重視されています。
初代学長の梅根悟先生によれば、和光大学は「無流大学」と言われています。これまで皆さんは、いわゆる受験学力、端的に言えば偏差値に合わせて一流・二流・三流などの言い方での学校評価に慣れてきていると思います。偏差値による教育、あるいは高い偏差値を目指す教育は、高校までの教育です。大学はそういうところではありません。上野千鶴子さんという社会学者によれば、学校というのは失敗しても良いところです。ノーベル賞受賞者も、たくさんの失敗を重ねたからこそ、大事な科学的発見ができたのです。これからの皆さんの大学生活にも、それは当てはまると思います。お互いに高め合うことが、大学生活では極めて重要です。大学生活における様々な機会を利用して、自分なりに熱中できるものを見つけてください。

私は、2011年3月11日の東日本大震災のときから、研究テーマとしてポジティブ心理学を1つの柱にしています。ポジティブ心理学は、一言でいうと、人間が幸せになるための科学的な研究、あるいは実際の根拠に基づいた幸せの構築です。人間皆幸せになりたいと思っていますが、幸せになるためには3つの要素があります。1つ目は「(共感的)自己肯定感」、自分自身が大丈夫であるという感情です。2つ目は「他者からの受け入れ」で、愛される、大事にされる、育てられる、ことです。3つ目は「他者の尊重」で、他者を愛したり、許したりすることです。状況により、3つの要素全てを揃える必要はありませんが、自分にとって大事なことを明らかにすることで、3つの要素を安定的に追求できると考えられます。
皆さんにとって大事なのは、他者と比べることではなくて、自分自身が本当にここにいて良いのだ、大丈夫だという方の共感的自己肯定感です。共感的自己肯定感をまだ持っていない場合、自分自身の幸せの基盤を形成することも、大学生活で求められてくるでしょう。

人生にとって大事なものは、何でしょう。
例えば、卒業後のキャリア設計をどのようにしていけば良いか考える際に、人生にとって大事なものは3つの要素が考えられます。1つ目は経済的な豊かさ、お金です。2つ目は生きがいです。3つ目は、楽しさです。この3つは全部あれば一番良いですが、3つが揃わないのが人生というものです。第一のお金について言えば、皆さんの中には、どうしてもアルバイトをして学費を稼がなくてはなくてはならない人もいるでしょう。第二の生きがいについて言えば、「私の生きがいはこれだ」というのは、趣味でも、仕事でも、またその他のことでも良いと思います。第三の楽しさについて言えば、楽しさやユーモアは極めて大事な人生の要素です。そのためには物事を楽観的に見ることが重要です。楽観的に物事をみるための方法として、自分自身のネガティブな側面とみているものを、ポジティブな表現に変換して把握するやり方があります。ポジティブな表現を使う人は、ポジティブな人間関係をつくり、楽しい人生を歩むということになります。そのような言葉を使って、みなさまもポジティブな学生生活を送ってください。

私の研究テーマの1つは、心的外傷後成長です。これは心に傷を持つような厳しい経験をした人でも、その経験があるからこそ成長しているという人間のポジティブな側面の研究です。皆さんもこれから様々な困難があるかと思いますけれども、その困難をばねに生きていくということが大事だと思います。日本のことわざに「雨降って地固まる」ということわざがあります。「艱難汝を玉にす」ということわざもあります。いずれも、苦労したことがその人のこれからに役立っているという意味です。これから4年間の大学生活において、様々な苦労があると思いますが、その苦労をバネにして元気で過ごしていっていただきたいと思います。




表現学部長代行 松村一男





和光大学表現学部へのご入学おめでとうございます。また御子息が晴れて大学入学の日を迎えられた保護者、保証人の皆さまにもお祝い申し上げます。

さて、これから四年間、社会に出るまでの日々を皆さんはこのキャンパスで過ごすわけですが、皆さんは和光大学で何をすることになるのでしょうか?まず勉強ですね。それから友人作り、クラブや同好会活動、そしてアルバイト、まあそのくらい漠然と考えているでしょう。
友人作りやクラブ・同好会そしてアルバイトは、それぞれ自分で見つけてください。私たち和光大学そして表現学部の教員や職員がみなさんに何で最も力添えが出来るのか、あるいはしなければいけないのかと言えば、それは勉強のことです。

では、表現学部での勉強とは具体的には何でしょう?就きたい職業が明確にあってそのための資格を取りたいという人の場合は分かりやすいですね。教員、図書館司書、博物館学芸員とかは分かりやすい。
しかし、漫画家、小説家、評論家、映画監督、俳優、声優、画家、彫刻家、ゲーム作家とかになると、目標としてははっきりしていても、資格があればなれるというものではないですから、何を勉強したらいいか難しいですね。
それに、かなり多くの皆さんはまだそこまで具体的に将来の仕事について考えていないかも知れません。以前に比べると就職状況は改善が見られています。しかし将来どのような仕事につくか、ある程度の見通しを持たない限り、就職活動も難しいでしょう。そのためにも大学時代にはしっかり勉強しなければなりません。
しかし、まだ大学に入学したばかりの新入生の皆さんに具体的な就きたい職業を選ぶことは容易ではありません。では具体的なイメージがないままにどうやって何を勉強したらいいでしょうね。残念ながら私にも決定的な答えはありません。ただ、最低限、どんな状況になっても対処できるようにしていけるように勉強するのがいいだろうと思います。

どんな仕事に就いても役に立つ勉強とは一体何でしょう?それは「人間力」をつけることですね。どんな仕事であっても一人では出来ません。農業や漁業だって作った作物や養殖したり獲ったりした魚や海産物は市場で売らねばなりません。そのためには流通業者との取引が必要です。芸術家だって作品の販売をしてくれる画廊が必要です。そもそも農作業や漁業自体が一人でするが不可能でしょう。耕運機や肥料や船や燃料などを購入しなければなりません。

つまり、当たり前のことですが、仕事とは他の人と支え合って助けあって行うものです。だから他の人に好感を持たれ、いざという時に助けてもらえる人間になることを目指してほしい。そのためにはコミュニケーション能力とか「人間力」という魅力的な個性を育むことがどんな職業に就くにしても役立つでしょう。

ではどうやったら「人間力」を高められますか?協調性、人を納得させられるような話し方や明晰な論理、文章力などは必要でしょう。
手前味噌かも知れませんが、表現学部での授業はそうした人間力強化に役立つ科目を数多く提供していると思います。日本と外国、そして過去と未来についてさまざまな分野の専門が学べます。広い知識と教養があってこそ、斬新な発想も出てきます。もちろん、宝くじのように偶然の大当たりもあるでしょう。しかしそれは長続きしません。コンスタントによい仕事をするためには、努力して新しい知識を身につけ続けるしかないと思います。そうした努力する習慣も含めて、皆さんには表現学部の授業に休まずに出て、人間力を鍛えつつ、これからの生涯の友人も見つけてください。

そうそう、人間力においては見かけだって大事でしょうね。一緒にいる人たちに不快な思いをさせないような清潔なファッションや上品な態度に気を配ってほしい。自由の意味を勘違いして、公共の場で自己本位に振る舞う若者が目につきます。もちろん、大人にもそういう人はいますが、だからといってそれで若者の場合が許されることにはなりません。他人がどうこうではなくて、自分が人間力を高めなければ、自分の未来は切り拓けません。
これからの四年間を勝負の時期と覚悟して、懸命に頑張ってください。そうすれば笑顔でこの大学を旅立てると思います。

以上の話はやや建前ばかりに聞こえたかも知れません。具体的にどう勉強したらいいのかを示していないからです。そこでこれからはあることを例にして話をします。日常の生活の中でこんなことに興味をもち、自分で調べるような習慣をつければ、自分が将来やりたい仕事も見つけやすくなるのではないか、という参考になればと思います。

テロとかシリア問題でイスラームのことが話題になっていますね。イスラームという宗教は予言者ムハンマド(昔はマホメットといっていました)が神アッラーAllahから授けられた教えです。そのイスラームのテロリスト集団はアルカイダAl-Qaedaでした。それからイスラーム世界のネットワークはアルジャジーラAl Jazeeraという名前です。スペイン南部の都市グラナダには世界遺産になっているイスラーム時代の王宮アルハンブラAlhambraがあります。
いままでのところでイスラームに関係する名前にははじめにアルがつくものが多いと感じられたでしょう。そこでネットで「アルがはじめにある単語」で検索してみましょう。するとアルalはアラビア語の定冠詞、つまり英語のザtheに相当するものだと分かります。アッラー、アルカイダ、アルジャジーラ、アルハンブラは全部、多くのイスラームの地域で使われているアラビア語の名称だから、どれもみなアルではじまっていたのです。では次に英語の事典でアルalのところを見ましょう。他にもアラビア語起源の単語がないか調べるためです。すると、次のような単語が見つかるはずです。アルコール、アルケミー「錬金術」、アルカリ、アルジェブラ「代数」。

なぜ英語にこうしたアラビア語起源の言葉が入っているのでしょう?それは、そうした言葉が表しているものが英語の世界ではそれまで知られていなくて、その新しいものとともに名前も入ってきたからでしょう。日本語にもジーンズとかハンバーガーとかピッツァとか日常的に使われている外国語がありますね。

また、今あげた、アルが最初に来る英語の単語を眺めていると、さらに別のことにも気づきます。アルコールといえば今はお酒のことですが、イスラームの教えではお酒を飲むことは禁じられています。なのに、なぜアルコールはイスラームの言葉であるアラビア語起源なのでしょう?それは、アルコールが蒸留されて得られるものだからです。それにお酒以外にもアルコールは消毒にも用いられます。医療にも用いられるのですね。次にアルキミー「錬金術」ですが、これはさまざまな物質を蒸留したものを混ぜ合わせて黄金や不死の薬を作ろうとした現代の科学の初期形態です。そしてその中でアルコールもアルカリも用いられたのです。ここから私たちは歴史についても考えることになります。英語にアラビア語のアルのついた単語が入ってきたのは、歴史上のある時代には英語の世界、つまりヨーロッパよりもアラブ語の世界、つまりイスラーム世界の方が、より文化が進んでいたということが分かるのです。

こうして現代世界についてのニュースも、何か気になることを発見すれば、英語の勉強にも世界史の勉強にも広がりをもたせることができます。知識はたんに受け取るだけでは面白くないし、心にも残りません。自分で何か気になることを見つけて、その疑問を明らかにするために自分で情報を集めるなら、そうして得られた情報は心に残ります。そして何より主体的に問題と関わろうとする姿勢が育まれます。
新入生のみなさんもそうした好奇心と主体的な態度をもって表現学部で実りある四年間を過ごしてくださることを願って、私からの皆さんを迎える挨拶の言葉といたします。




経済経営学部長 半谷俊彦





新入生の皆さん、父母保証人の皆様、ご入学おめでとうございます。本日、こうして皆さんを和光大学へ迎えられたことを、教員一同、心よりうれしく思っています。経済経営学部の教員を代表し、ひとことお祝いを述べさせて頂きます。

本日は、二つのことをお話しします。一つ目は、「入学登録」についてです。和光大学では、入学式も卒業式も行いません。その代り、入学の日には皆さん一人一人が学生名簿に署名する「入学登録」を行い、卒業の日には教員から皆さん一人一人に卒業証書を授与する「修了証書交付」を行います。なぜ「式」すなわち「セレモニー」を行わないのかと言いますと、それは、私たち教員が、皆さんに、「大学に入学する」、「大学を卒業する」という形式にとらわれて欲しくないと考えているからです。大学には、小学校から高等学校までのように、月曜から金曜までクラスの皆が何を勉強するかを定める画一的なスケジュールは用意されていません。皆さんはこれから四年間、共通教養課程、外国語課程、専門課程という、三つの課程に開講された数多くの科目の中から、自分が学びたいものを自由に選んで学ぶことになります。もちろん、少ないながらも必修の科目はありますし、各課程から一定数以上の科目を選ばなければならないといった制約もありますが、基本的には、皆さんが、自分自身の意思で、自分自身の判断で、何を学ぶかを自由に決めていくのです。

また、高等学校までの学校生活においては、成績が奮わなかったり、欠席が多かったりすると、先生方の方から声を掛けて下さり、励まして下さったり、叱ったりして下さったと思います。しかし、大学では、皆さんを「精神的に自立した人間」として扱います。「自由」と「自立」は車の両輪です。皆さんが自立していなければ、自由は成り立たないのです。和光大学の先生方も、皆さんの成長を願い、親しく声を掛けて下さったり、時には叱ったりして下さいます。しかし、それは、高等学校までとは異なり、皆さんが精神的に自立していることを前提としているのです。

大学は「自由」な場であり、それが故に「自立」していることが求められる場です。皆さんには今からそれぞれ学生名簿に署名して頂きますが、その目的は、皆さんに、「自分には学修する上で自立することが求められている」ということを認識し、「積極的に学問に取り組んでいく」という姿勢を能動的に示してもらうことにあります。大事なのは「大学に入学する」「大学を卒業する」という形式ではなく「積極的に学ぶ」ことなのです。卒業に必要な要件を漫然と満たしていくのではなく、自らの意思に従い、興味を持って学修を進めていくことによって、四年間を実りあるものにして頂きたいと思います。

二つ目は「異質力」についてです。和光大学は1966年に創立され、一昨年度で50周年を迎えました。皆さんは第52期生ということになります。私たちは、50周年を迎えるにあたり、「異質力で、輝く。和光大学」というスローガンを掲げました。皆さんも、このスローガンを、駅に貼られているポスターや大学案内の冊子などで目にしたことがあるものと思います。
本学のウエブサイトにはこう書かれています。「『異質力』とは、創立以来50年間にわたって貫いてきた『自由と個性の尊重』に基づく和光大学の教育の本質を確認し、さらに深めていく決意を凝縮させた言葉です。一人ひとりが持つ固有の能力を、本学で学ぶ時間を通じて『その人だけの確固たる存在感を形づくる力』へと進化させ、社会で独自の価値を発揮し活躍する存在に育て、送り出す」。つまり、このスローガンは、「皆さんが持つ個性を伸ばし、社会で活躍するための力に育てる」という本学の教育理念を示しているのです。
「異質力」という単語は私たちの造語です。「異質」という言葉にネガティヴな印象を持つ人も多いと思います。「個性」、「独創」、「特徴」など類似した概念の中から、敢えて「異質」という言葉を選んだのは、「異質」という言葉に、「個性」という言葉よりも強い響きを感じるからです。「自分自身の考え、自分自身の思い、自分自身の信念。それが、他の人と同じものであっても、異なったものであっても、それを自分の拠りどころとすれば、力になる」。「同じであってもかまわないが、異なることを恐れない。その恐れない気持ちが力になる」。そう考えているからです。
しかし、このことは、「自分はこう思うのだから、他人がどう思っても関係ない」、「自分がしたいと思うことは、他人がどう考えようが好きにする」というような考えや態度を、推奨するものでもなければ、容認するものでもありません。そうした考えや態度は、野放図で、無責任です。とても社会では受け入れられません。自分の考えを主張したり、独自の行動を起こしても、誰も相手にしてくれないのでは「力」になりません。
「個性」を力にするためには、第一に、自分の考えのどこが「個性的」であるのかを知る必要があります。それを知らなければ、自分の発言や行動は、結果をかえりみない無責任なものにしかなりません。
第二に、自分の「個性的」な考えのどこに優位があるのか、どこが良いところなのかを明確に認識しなければなりません。自分のどこに強みがあるのかを知ってこそ、それを活かす方法が見つかるのです。
第三に、その強みを理解してもらえるように主張し、行動する必要があります。自分だけが「良い」と考えていても、それが周りの人々に伝わらなければ意味がありません。これは、全ての人に賛同を求めるということではありません。反対の人がいても良いのです。大事なのは、どうして自分はそのような主張や行動をするのかを理解してもらうことです。お互いに理解をすれば、異なる考えを持った人同士でも、お互いを尊重することができます。「違う」ことを尊重し合える状況を作る。そうした時はじめて、「個性」が「力」になるのです。

それでは、自分と他者の違いを知る、自分の個性や特徴を知る。その為にはどうしたら良いでしょうか。それには、他者の考えを知る、社会のスタンダードな考えを知ることが必要です。他者との間で、社会でスタンダードとされている共通認識を共有することによって、はじめて、自分の独自性を認識することができるのです。

そこで、皆さんには、これからの四年間、しっかりと「世の中の仕組み」を学び、「教養」を身につけて頂きたいと思います。経済学は、社会のしくみを学び、社会を良くするためにはどうしたら良いのかを考える学問です。経営学は、組織のしくみを学び、組織を良くするためにはどうしたら良いかを考える学問です。経済学、経営学を学ぶことは、「世の中の仕組み」を知ることにつながるのです。

また、共通教養課程には、さまざまな学問領域に属する科目が配置されています。皆さんは多くの学問領域を横断的に学ぶことになります。これは多種多様な考えを知り、多種多様な視点から物事を考える力を養うこと、すなわち「教養」を身につけることにつながります。
 大学での学びを通じて、他者と共通の基盤となる知識を身につける。それこそが「異質力」を磨くことになるのです。このことを意識しつつ、四年間の学修に臨んで下さい。皆さんが自分自身の意思で、自分自身の力で、四年間を充実したものにすることを望みます。本日はおめでとうございます。






新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ