教職員から |  2017/02/20

経済学科・岩間剛一先生(専門:資源エネルギー論)が、2017年2月22日午後1時より、
参議院資源エネルギー調査会に出席し、国会議員に対して、資源エネルギー情勢と我が国の対応について、岩間先生を含めた3名の参考人とともに、プレゼンテーションと質疑応答を行います。

参議院資源エネルギー調査会の実況は、参議院のホームページに公開されます。
みなさま、よろしければご覧ください。

岩間剛一先生からコメントが届きましたので、ご紹介します。
------------------------------------------------ 
2017年2月22日午後1時に参議院資源エネルギー調査会において、日本のエネルギー政策に係わる、資源エネルギーと我が国の対応について、参議院議員に20分報告を行い、その後質疑応答を行います。
その模様は、参議院のホーム・ページに公開されます。エネルギー自給率が6%と、先進国において最低である、資源エネルギー小国日本の安全保障をどのように守っていくか。
米国を震源地とするシェール・ガス革命と、日本への影響について、参議院議員と議論します。内容は、やや難しい政策論議となりますが、日本の将来のエネルギー安全保障にとって大切な議論を行います。トランプ政権のエネルギー政策、シェール・ガス革命が、日本にとって、どのような意味を持っているのか。
興味がある方は、参議院のホームページにアクセスしてください。
------------------------------------------------ 

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ