学生たちの活躍 |  2017/02/13

このたび、経済学科4年・山本響さん(13E)、経営学科3年・和久井香里さん、安西望さん、鈴木愛梨さん(14B)の4名が学長奨励賞(※)に選ばれ、2月10日(金)に表彰状と記念品の授与が行われましたので、その模様をお伝えします。

まずは、伊東学長より、その功績を称え、賞状と記念品が授与されました。

 
(左)経済学科4年・山本響さん (右)経営学科3年生 丸山ゼミナール 和久井香里さん

 
(左)同 安西望さん (右)同 鈴木愛梨さん

学長からのメッセージです。


経済学科4年生の山本響さん(13E)は、「官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム〜」第2期奨学生に採用され、2015年4月より1年間、アメリカ合衆国タコマカレッジ、ニューヨーク州立ファッション工科大学に所属して、最新の知識・知見を獲得し、ニューヨークコレクションなどファッション産業の最前線を体験してきました。ニューヨークにおけるひとつひとつの見聞が山本さんの血となり肉となって、将来への大きな成長の糧になったことと考えます。これを機にさらに精進されて未来を切り開いて欲しいと念願します。
後輩諸君は、山本さんのチャレンジ精神を大いに学び、どしどし世界に飛び立って行きましょう。

経営学科3年生 丸山ゼミナール和久井班(和久井香里さん、安西望さん、鈴木愛梨さん(14B))は、「第35回関東学生マーケティング大会」で優秀賞(総合2位)の栄誉に輝きました。この大会は、関東圏のマーケティング専攻のゼミが論文審査、実務家審査員へのプレゼン審査を競う研究大会です。和久井班の「デジアナノートの新商品企画」は2年間にわたる市場調査ならびに商品研究を経て、通常のアナログノートにデジタルという最新機能を加えて付加価値を高めたことが大きく評価され、まさに2年間の苦労が報われたことになりました。学術的な面での学長奨励賞は和久井班が初めてで、和光大学にとっても大きな喜びであります。
この研究が、将来に向けてどのように進展するのかわくわくさせます。苦労した汗と涙は絶対に裏切ることはありません。継続は力なりです。後輩諸君も頑張りましょう。

学長 伊東 達夫




つづいて、受賞者4名の挨拶があり、山本さんは、ニューヨークでの体験について語ってくれました。
また、留学前の英語添削、滞在中の励ましなど、先生方のきめこまかいサポートがあったからこそ実り多い留学になった、と感謝の言葉が述べられました。

丸山ゼミ和久井班のみなさんからは、今回優秀賞を受賞した「デジアナノート」の説明、約2年間の研究の苦労が語られました。大学生活のなかで夢中になれることを見つけられた、と言っていたのが印象的でした。

当日は、経済経営学部の先生方にお越しいただき、4名の受賞をたたえ合いました。


後段左から、清水経済学科長、葉山先生(経済学科)、樋口副学長、森下先生(経済学科)、三浦先生(同)、半谷経済経営学部長、丸山先生(経営学科)
前段左から、伊東学長、山本さん、和久井さん、安西さん、鈴木さん

これからの活躍を楽しみにしています!


(※)
学長奨励賞は、学術研究、スポーツなど顕著な業績、成績を収め、学内に明るい話題をもたらしてくれた学生に一層の期待をこめて学長が贈るもので、2011年度に創設されました。


>>関連記事はこちらから
「在学生・阿久津将さん(10W)・金律究さん(11W)が学長奨励賞を受賞!山本響さん(13E)が「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」に選出!」

「経営学科・丸山一彦ゼミナールが「第35回関東学生マーケティング大会」で優秀賞を獲得しました」

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ