学生たちの活躍 |  2016/12/27

経営学科の丸山一彦ゼミナールが、「第35回関東学生マーケティング大会」で研究発表を行い、優秀賞(総合2位)を獲得しました。 
丸山一彦先生から、報告が届きましたのでご紹介します。

 

経営学科の丸山一彦ゼミナールは、第35回関東学生マーケティング大会で研究発表を行ってきました。

関東学生マーケティング大会は、関東圏のマーケティングを専攻する名門ゼミが集結し、論文審査に加え、実務家審査員へのプレゼン審査を競う、伝統ある研究大会です。

今年度は41チームの参加があり、丸山ゼミの「デジアナノートの新商品企画」を研究した和久井班が、3回のプレゼン審査を突破し、優秀賞(総合2位)を獲得しました。

デシタル機器とアナログノートの融合を研究テーマにし、何百年と機能的な進展の無かったアナログノートの再生戦略を描き、約300人以上の市場調査を行い提案した「女子大学生向けデジナノートの企画」が、多くの実務家審査員から賞賛を頂き、学術論文に加え、魅力的なプレゼンテーションにも高い評価を頂きました。

日々行われている、経営学科での実践的でアカデミックな教育が結実した現れだと大変喜んでおります。

今後も企業との共同研究を念頭に置いた「新商品企画」の実践的研究に励んでいきます。

なお実務家審査員と過去の受賞校は以下の通りです。

<実務家審査員>
グラムコ株式会社、ニールセン・カンパニー合同会社、株式会社ヤクルト、日経広告研究所、凸版印刷株式会社、日本電気株式会社、株式会社電通、ライオン株式会社、株式会社博報堂、株式会社インテージ、日産自動車株式会社

<過去3年間の受賞校>
2015年度 最優秀賞(総合1位)早稲田大学  優秀賞(総合2位)慶應義塾大学
2014年度 最優秀賞(総合1位)早稲田大学  優秀賞(総合2位)早稲田大学
2013年度 最優秀賞(総合1位)慶應義塾大学 優秀賞(総合2位)早稲田大学

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ