教職員から |  2016/12/07

非常勤講師・江頭晃子先生が担当する「社会教育特講演習2」を履修している学生たちが講座「たこやき的おしごと事情 ―タコの素材を活かすには?―」 を企画しました。

みなさま、ぜひご参加ください。



たこやき的おしごと事情 ―タコの素材を活かすには?―


(※詳細はこちらのチラシでもご覧いただけます。画像をクリックするとPDFが開きます。)

たきやきの中身はタコだけではない。
ネギや揚げ玉など、ほかの具も入っていて、その周りは小麦粉が包んでいる。さらに、ソースをはじめとしたトッピングがそろって初めてたこやきが成立するのだ!
これを社会人に例えてみると、ネギや揚げ玉は同僚や仲間たち、小麦粉は上司、トッピングはその時代の社会情勢。
そして、たこやきの主役たるタコはあなた。
あなたは、あなたの人生の主役。

■とき:2016年12月17日(土曜日)午後1時〜

■ところ:和光大学D棟307室

◇第1部(午後1〜4時)
「美味しいタコになるには? ―先輩の話を聞いてみよう―」
卒業生や4年生の先輩を招き、アルバイトとしごとの違いから就活のコツまで、いろいろなお話を伺います。

タコ1 なすあきらさん(2016年卒 元ジャグリングサークル所属)
タコ2 宮田慧さん(2010年卒 学生時代はマック。公務員非常勤を経て出版社勤務)
タコ3 こせきさおりさん(現代社会学科4年生)

◇第2部(午後4時10分〜6時)
「たこやき食べてVR ―先端技術を体験しよう―」
先輩のお話を聞いた後はみんなでたこやきを食べながら、VR。2つの先端技術を体験するぞ。

いずれか一方のみの参加も大歓迎です!どなたでもお気軽にいらしてください!


【お問い合わせ】
主催・連絡先:和光社会教育研究会
LINE soitu0130(吉田)
メール u14p044g@wako.ac.jp(きょうか)

スタッフ
青のり:あおい、マヨネーズ:吉田、ソース:きょうか、おかか:くらぼー、揚げ玉:みずき

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ