教職員から |  2016/05/01

ドイツ人作家のフェルディナント・フォン・シーラッハ『Terror』原作、
音楽朗読劇「裁判劇Terror」の翻訳を総合文化学科酒寄進一先生が担当されます。

―――――― 
裁判劇 Terror

ドイツ30都市で上演されている話題の「裁判劇Terror」の日本初演。
朗読の名手・橋爪功による朗読と国内外で活躍を続ける
ジャズピアニスト・小曽根真の演奏で表現する珠玉の音楽朗読劇。

開催日:2016年8月13日(土)
時間:夜公演 18:00/開演(17:30/開場)

朗読:橋爪 功
ピアノ演奏:小曽根 真
原作:フェルディナント・フォン・シーラッハ 「テロ」(東京創元社)より
翻訳:酒寄 進一
演出:深作 健太

――――――

詳細、お申し込み等はこちらをご覧ください。

【AXNミステリー】



最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ