教職員から |  2016/04/21

総合文化学科酒寄進一先生が翻訳した、

オーストリアの女性作家 ウルズラ・ポツナンスキ『古城ゲーム』が、
4月28日(木)に出版されます。

――――――――――――――――
古城ゲーム
(創元推理文庫)

著:ウルズラ・ポツナンスキ
訳:酒寄進一



古城がそび聳える人里離れた森で、十四世紀を疑似体験するゲームに参加した十六人の若者。
だが一部が失踪、外部と音信不通になる。誰かが仕掛けた罠なのか。圧巻のサスペンス! 

――――――――――――――――

創元社のウェブマガジン「Webミステリーズ!」では
文庫カバーのメイキングについて掲載されています。

【『そして誰もいなくなった』+『蠅の王』!
ポツナンスキ『古城ゲーム』の文庫カバーメイキング】

みなさま、ぜひお楽しみください。
文庫の詳細はこちらのURLをご覧ください。

【東京創元社 公式サイト】


最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ