教職員から |  2015/10/13

表現学部総合文化学科の深沢眞二先生が、論文集『旅する俳諧師―芭蕉叢考二』(清文堂出版、2015年1月刊)によって、三重県伊賀市および芭蕉翁顕彰会から文部科学大臣賞を授けられました。
これは、年に1点、連歌俳諧分野のすぐれた研究業績に与えられる賞です。
10月11日(日)には伊賀市において記念講演、翌12日(月)(芭蕉の忌日)には「芭蕉祭」の一部として授賞式がありました。
なお、『旅する俳諧師―芭蕉叢考二』は、和光大学の2014年度学術出版助成を受けて刊行された本でした。
同書の内容につきましては、こちらのページをご覧ください。

伊賀市のポータルサイトに今回の受賞の内容が掲載されました。
【伊賀タウン情報YOU】


最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ