教職員から |  2015/06/12

表現学部 総合文化学科の酒寄進一先生が、
作家フェルディナント・フォン・シーラッハとともに
ドイツ通信社(dpa) の取材を受けました。

先生は、今月5日より舞台が始まった『禁忌』や、
2012年の本屋大賞「翻訳小説部門」で大賞に選ばれた『犯罪』など、
シーラッハ原作の作品を多数翻訳されてきました。 

今回の取材では、シーラッハの作風についてお話をされたとのこと。
ドイツを代表するディ・ツアイト紙をはじめ、60の新聞雑誌に掲載されています。

取材の内容は以下のURLからご覧いただけます。
(※ドイツのWebサイトに繋がります。)

ZEIT ONLINE(ディ・ツァイト)
Ferdinand von Schirach wird in Japan gefeiert

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ