授業風景 |  2015/02/03

1月29日(木)、和光大学保育専修実技発表会が開催されました。

保育専修1、2年生の音楽や表現の授業を中心とした発表会で、今年もすぎのこ保育園の年長児を迎え、練習してきた成果を披露しました。
トーンチャイムやベルでの演奏や部屋を暗くして光るブラックシアター、大型絵本の音楽入り読み聞かせ、合唱、また保育園児もリズム活動や歌の発表もあり、盛りだくさんな発表会になりました。
学生達が自分たちでつくった靴下人形で司会進行をし最後は『ドレミの歌』でエンディング、人形アーチで保育園児をお見送りしました。
子ども達、先輩達や教員の観客の中で、少し緊張しながらも皆でつくって練習してきたものをすべて出し切ることが出来ました。
観ていただいた方々からも「感動した!」など暖かいお言葉を頂き今年度の授業が無事終わりました。
当日の様子の写真を掲載します。ご覧ください。

  

  



★この情報は、心理教育学科の後藤紀子先生から寄せられました。



最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ