教職員から |  2014/12/17

本学で「アジアの芸能」の講義を担当されている村山和之先生(非常勤講師)が
翻訳したパキスタンの劇『ブルカヴァガンザ Burqavaganza』が朗読劇の形で上演されます。
みなさま、お時間がありましたら、この機会にぜひお出かけください。


紛争地域から生まれた演劇 シリーズ6

【リーディング】 ブルカヴァガンザ パキスタン
【トーク】(終演後)◆ゲスト:村山和之(南・西アジア文化研究)

◆作:シャーヒド・ナディーム Shahid Nadeem
◆訳:村山和之(日本初訳) ◆演出:西沢栄治

ブルカとは女性が外出時に着用するコート、あるいはヴェール、
イスラムの社会風俗を滑稽かつシニカルに描いた問題作。




■日時:2014年12月22日(月)19:00 /23日(祝・火)14:00

■会場:東京芸術劇場アトリエウエスト 地下2階 (池袋駅西口より徒歩2分)

■料金:1,500円


>>詳しくは、国際演劇協会のHPをご覧ください。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ