教職員から |  2014/12/10

経済学科の岩間剛一先生が、12月11日(木)12:20〜のTBS「ひるおび!」に
15分程度出演します。みなさま、ぜひご覧ください。

岩間剛一先生からコメントが届きましたので、ご紹介します。

------------------------------------------------
原油価格の下落が止まらず、世界の指標原油である米国のWTI原油価格は1バレル63ドルと、
夏と比較して40ドル以上も下落しました。原油価格の暴落は、どうして起こったのでしょう。
原油価格の下落は、ガソリン代、電気料金の値下げにつながり、私たちにとっては、うれしいことです。
しかし、同時に米国のシェール・オイルという新規油田の開発停滞をもたらし、
長期的には原油の需給逼迫をもたらす可能性もあります。
そうした石油情勢について分かりやすく解説します。
------------------------------------------------

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ