サークル |  2014/09/24

本学空手道部が9月14日(日)に、広島県で行われた「日本空手道糸洲会全国選手権大会 」と

三鷹市で行われた「第64回三鷹市市民体育祭」「第24回三鷹市空手道競技大会」に出場しました。

結果報告が届きましたので、2つ続けてご紹介いたします!

――――――――――――――――――――――――――――――――

先日の9月14日に、広島県呉市で行われた
「日本空手道糸洲会全国選手権大会」に出場してきました!
今回出場したのは中村、柏野、野口、菅原、OBの矢野です。

結果は
型一般 有級の部(男女混合)で
優勝 野口勇輝(4年)
3位 柏野晃士(4年)
中村拓哉(4年)
ベスト8 矢野恵太郎 
菅原秋菜(1年)でした。

組手一般 有級男子の部では、負けてしまいましたが、
滅多に組むことの出来ない相手と組めて良かったと思いました!

今回は初めての遠征で、1年生は一人ということで不安と緊張でいっぱいでした。
しかし、前回の大会の時のミスは無く出来るだけ呼吸をし、落ち着いて試合に臨めました。
先輩方も自分の実力を精一杯出し切り、個々で結果を出すことが出来たのだと思います!

大会となるといつもと違う環境で型や組手をする為、
色んな方々の型や組手を見ることができました。
私にとてもたくさん学べる事がありました。

今回の大会を踏まえて、落ち着いて焦らないように
B棟前で行われるゲリラ演武に率先して参加していきたいと思いました。

菅原

――――――――――――――――――――――――――――――――

同日、第64回三鷹市市民体育祭、第24回三鷹市空手道競技大会に参加しました。 
型の部に池田、指江、中沢、佐東、六ツ見、鈴木、塚田、鴻野、片山、山本が参加しました。
組手の部には池田、指江、鈴木が参加しました。

結果は型の部で中沢が5位、六ツ見が4位になりました。
組手の部では池田、指江、鈴木が入賞いたしました。

三鷹市の大会は規模は小さいですが、様々な型や組手を見ることができました。
部活動として、個人としての課題が見つかりました。
また組手の戦い方を学ぶことができました。

1年生は2回目の大会でありましたが、緊張して力んでいた1面もあれば
おちついて行動していた面もありました。
また4年生がいない状態での大会でとまどいながらも終えることができました。

今大会の経験を活かし、今後も頑張ります。 

片山

――――――――――――――――――――――――――――――――

 
 
 

和光大学糸洲流空手道部 
Facebookページ

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ