GP |  2014/08/28

―――――――――――

8月21日(木)、横浜の神奈川県民センターで開催された
神奈川県社会教育委員連絡協議会研修会にて、和光大学・かわ道楽の活動が
神奈川県内各自治体の社会教育委員に紹介されました。
発表は川崎市社会教育委員会議の前議長の大下勝巳さんによるもので、
若者による地域活動の事例として紹介されたものです。

大下さんは6月14日(土)に、かわ道楽の定例活動現場を取材していて、
その時の経験も紹介されました。和光キャンパスを訪れた大下さんは、
キャンパス内保全林で作業中の学生に木陰でいろいろとインタビュー。
学生たちが語る地域の方たちとのりきまない交流の話を聞いて、
「若い人はしっかりしているなあ。若い世代への見方が変わりました。
いかに今まで、通り一遍の思い込みで若者をみていたかを思い知らされました。」
とのご感想をいただきました。

今回の発表で紹介されたかわ道楽の活動は川崎市社会教育委員会議研究報告書
「現代の若者と地域社会のつながり―川崎市の社会教育は何ができるか―」(2014 年3月)
にも掲載されています。

 



上段左:神奈川県社会教育委員連絡協議会研修会でかわ道楽の活動を紹介
上段右:木陰でかわ道楽の学生にインタビューする大下さん
下 段:大下さんとかわ道楽と記念撮影

過去の関連記事はこちらをご覧ください。
『かわ道楽が川崎市社会教育の報告書で紹介されました』

―――――――――――

★この情報は、身体環境共生学科の堂前雅史先生から寄せられました。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ