教職員から |  2014/08/07

2014年8月9日(土)、和光大学ぱいでいあ教室にて「聖者の宮廷芸人考」研究会が開催されます。

本学で「アジアの芸能」の講義を担当されている村山和之先生(非常勤講師)も報告をされます。
興味のある方はぜひご参加ください。

 

***********************************************

第18講:聖者の宮廷芸人考Ⅱ- 身毒捕蛇者説 

■日時:2014年8月9日(土)1:30pm開扉、2:00pm開講、5:30pm頃閉講

■会場: 和光大学ぱいでいあ(小田急線鶴川駅下車徒歩2分 鈴木ビル5F)

■入場無料

■講演:

・岩谷彩子(広島大学大学院社会科学研究科・准教授):
「ヘビ使いから『ジプシー』アーティストへ―インドの遊芸民カールベリヤの聖と俗」

■報告:
・サラーム海上(ワールド音楽評論家・ライター):「フェズ世界宗教音楽祭から」

・村山和之(和光大学兼任講師):「現代南アジア音楽のスーフィー的作品をめぐって」

■問い合わせ:seijanokyuteikoh@gmail.com

***********************************************

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ