教職員から |  2014/08/08

いけばな小原流が発行している『小原流 挿花』8月号にて、
本学非常勤講師で「火の人間史」などの授業を担当されている関根秀樹先生が執筆された
特集記事、「火、失われゆくひとつの文化」が掲載されました。

記事には、和光大学坂下の田んぼで行われている、「どんど焼き」の写真も掲載され、
「火」にまつわる様々な事柄が紹介されています。

特集ページは、A棟1階のエレベーター前掲示板
(アドミッションセンター側)に掲示してあります。

みなさま、ぜひご覧ください!

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ