地域との交流 |  2014/08/08

7月26日(土)に、和光大学の地元の岡上西町会が主催する納涼大会が

和光大学第2グラウンドで開催されました。
この納涼大会では毎年多くの学生が準備の段階から手伝いに参加し、
大学と地域の方々との重要な交流の機会にもなっています。

今年も30人以上の学生が朝早くから駆けつけ、納涼大会の準備にいそしんでいました。
地域の皆さんと学生が一丸となって納涼大会の目玉である盆踊りのやぐらや
各ブースのテントを組み上げ、その後は和太鼓サークル「竜鼓座」による
和太鼓の練り歩きと、学生たちが焼き鳥を焼いて夜店の準備をします。

夕方なると櫓の上には地域の方たちと学生が一緒に踊り、
竜鼓座の太鼓演奏や環境サークル「かわ道楽」の夜店の
ミニ水族館などがお祭りに花を添えました。

 

詳しくは以下をご覧ください。

★この情報は、身体環境共生学科の堂前雅史先生から寄せられました。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ