卒業生の近況 |  2014/07/16

本学卒業生で、現在俳優としてご活躍されている
和田泰右さん(05R)からメッセージをいただきました。



和田泰右さんは、14歳よりHIPHOPを始められ、
大学在学中も様々な舞台にご出演されてきました。
現在は、DIAMOND☆DOGSのメンバーとして、
多方面に活躍の場を広げ、俳優、声優さまざまなジャンルで
活躍されています。

今回そんな和田さんに、和光大学での思い出や、現在のご活躍について、
在学生へ向けたメッセージなどをうかがいました。
早速ご紹介いたします。

――――――――――――――――――――――

●和光大学での思い出や印象に残っている授業を教えてください。
 
 僕自身、幼稚園から和光学園でお世話になりました。高校まで感じてきた「和光」といったイメージとはいい意味で全く違ったものだな、と感じた印象が強く残っています。年齢的なこともあるのかと思いますが、より一層「自主的に」といったスタイルが強いなと4年間で感じました。
 大橋さつき先生(身体環境共生学科)の「身体表現」の授業を受講していたのですが、そこには普段感じることができない同級生たちの「積極性」がありました。特に身体表現やダンスといったものは、「好き、興味」がなければ受講のキッカケとはなかなかならないと思うので。そういった意味では全員が同じ方向を向いていた素敵な授業でした。

 大橋先生の身体表現の仲間たちが、授業の集大成として劇場で行った公演を拝見した時に、すごく興奮した思い出があります。身体表現が得意な人から全く初めての人まで、一つの作品へ向けてアイデアを出し合い、感性をぶつけ合ったものが舞台上で混ざり合った瞬間の思い出は今も忘れられない衝撃でした。

●和田さんが携わっているお仕事について教えてください。

 現在、DIAMOND☆DOGSという、舞台公演を中心としている7人グループのパフォーマーとして、主に活動しています。年間を通して、ミュージカル、ダンス公演、ディナーショー、ライブなどを行っています。
 いままでで一番思い出に残っている仕事は、今年の春に公演した、「ニジンスキー」という舞台です。100年前、ロシアにて「神」と言われた伝説のバレエダンサーの半生を描いたお芝居に出演させていただきました。初めて「精神病」の役柄を演じ、役作りに対して難しさや深さを痛感した思い出深い作品となりました。

●和光大学に通う学生に向けて、何かメッセージをお願いいたします。
 人生のうち大切な4年間。何度失敗してもやり直せる大事な4年間だと思います!
 「やってみたいなぁ」この気持ちはどんな小さなチャレンジでもいいと思います!失敗を恐れずトライしてみてください!その先には確実に答えがあります!

●和光大学を志望する受験生に向けて、メッセージをお願いします。
 和光大学はさまざまな「色」を味わえる「場所」です。どんな色と色を混ぜるかによって、自身のオリジナルを味わえる唯一の場所だと思います。
 人生で一度しかない大学受験。
 絶対に何かを得られる4年間。
 ぜひ楽しみながら進んでください。

――――――――――――――――――――――

ありがとうございます。
和田さんは、今年の8月にミュージカルやディナーショーにご出演されるとのことです。
みなさま、この機会にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


<プロフィール紹介>



14歳よりHIPHOPを始めて数々のコンテストで受賞をし、
イベントなどへの出演やCM、モデルでも活動する。
その後06年からミュージカル出演の機会が続き、08年にブロードウェイミュージカル「グリース」、
ミュージカル「君にささげる歌」に出演。
また、09年にはミュージカル「テニスの王子様」に出演し人気を得る。

10年5月よりDIAMOND☆DOGSメンバーに加入。舞台「マスカレード」、
「BLUE&RED」他イベントなどに多数出演。
その他、10年「ALTAR BOYZ」では、チームORANGE・フアン役として出演、
フレッシュで斬新なフアンを誕生させて注目を浴びた。12年にも「ALTAR BOYZ」同役を演じた。
また、D☆Dメンバー森新吾とともにMILLION DOLLAR ROUGEを結成、活動中。
11年には声優としても活動し多方面に活躍の幅を広げている。

■主な作品
ミュージカル「グリース」「君にささげる歌」
「テニスの王子様」「マスカレード」「BLUE&RED」
「ニジンスキー」「コードギアス 反逆のルルーシュ」
「O.G.A.鬼ごっこロワイアル」(声優)
他多数

★今後の活動、詳細についてはこちらをご覧ください。
DIAMOND☆DOGS オフィシャルサイト


最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ