教職員から |  2014/05/28

6月7日(土)、8日(日)に、兵庫県立芸術文化センターにて

総合文化学科の酒寄進一先生が翻訳された『罪悪』(東京創元社)より、
「鍵」の朗読公演が行われます。

朗読を担当されるのは、俳優の橋爪功さん。
8日(日)2:00PMの部では、終演後に、酒寄先生もご出演される、
アフタートークも開催されます。

――――――――――――――――――――

『橋爪功 ちょっぴりゾッとする話 零人/鍵』

■日 時
2014年6月7日(土)  開 演 15:00(開 場 14:30)
2014年6月8日(日)  開 演 14:00(開 場 13:30)

■会 場
兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

■料 金
全席指定 5,000円

【アフタートーク】 ※各日公演チケットの購入者が対象

■6月7日(土) 3:00PM開演の部 終演後
朗読×演奏×演出
出演:橋爪功 小曽根真 深作健太
―幻想小説「零人」に初めて取り組んで―

■6月8日(日) 2:00PM開演の部 終演後
朗読×翻訳×演出
出演:橋爪功 酒寄進一 深作健太
―刑事事件弁護士にしてベストセラー作家 シーラッハの魅力―

――――――――――――――――――――

□詳しくはこちらをご覧ください

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ