卒業生の近況 |  2014/04/25

本学卒業生の村社祐太朗さん(10T)が代表を務める劇団「新聞家」から、
5月11日(日)・12日(月)に 3331 Arts Chiyoda にて行われる公演 
『叔父と叔父と叔父と』の案内が届きました。

みなさま、ぜひ足をお運びください。

-----------------------------------------------
新聞家 『叔父と叔父と叔父と』

作・演出: 村社祐太朗
出演: 比嘉賢多、中塚かかと、福西想人 

■日時: 5月11日(日)〜12日(月) 15:00〜 *開場は20分前から 
■会場: 3331 Arts Chiyoda B104 http://www.3331.jp/access/
    (東京メトロ銀座線 末広町駅より徒歩1分)
■料金: 前売り/当日 800円 予約  https://www.quartet-online.net/ticket/ojito3

全6回公演 ※比嘉と中塚はダブルキャストです。
5/11(日)
15:00〜 (中塚かかと)
16:00〜 (比嘉賢多)
17:00〜 (中塚かかと)

5/12(月)
15:00〜 (比嘉賢多)
16:00〜 (中塚かかと)
17:00〜 (比嘉賢多)




「とりとめのない語り」を演劇化する新聞家の新作公演を、
このたび3331 Arts Chiyoda で上演します。

今回は見ず知らずの叔父さんの話をします。

人前に出たときの言葉の意味不明性を演出の作業として取り込んだ、新たなリアリティの実践としての語りによって、見ず知らずの叔父さんの話は語り手と観客を奇妙なほど親密に結びつけます。

そういうの邪魔くさいという方はただくすくす笑いにきてください。

『叔父と叔父と叔父と』はblanClassのプレゼン大会で再演についてディスカッションした作品です。

-----------------------------------------------
 >>新聞家

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ