授業風景 |  2013/11/15


経営学科 平井宏典先生が担当している講義「産学連携実践論」にて、後期プロジェクトとしてニフティ株式会社が運営するお台場のイベントライブハウス「東京カルチャーカルチャー」でオリジナルの企画を実施します。
経営メディア学科4年 若林研吾(10B)さんからコメントが届きましたのでご紹介します。
20131115_01.jpg------------------------------------------------------------------------------
 この講義は、企業のお手伝いや真似事ではなく、私たち学生が本物のビジネスとして企画立案・実施します。企画づくりの際には、メンバー全員で和気あいあいと楽しい雰囲気で打ち合わせを行なう一方で、企業の方々と接する場面では緊張感を持って取り組んでいます。

 後期プロジェクトの現場視察として、10月23日に「多田将博士の、はじめてのミリタリー」というトーク形式のイベントを見学してきました。金髪ロンゲの異端の物理学者である多田博士のトークテーマはまさかのミリタリー。全4回シリーズの2回目にあたるこの時は「戦車」を取り上げ、「最強の戦車はどれか?」という問いを科学的に検証するというものでした。ミリタリーに興味がない私たちにも分かりやすく、面白い話で会場も終始盛り上がり、とても参考になりました。

 また、東京カルチャーカルチャーのプロデューサーであり、この講義のアドバイザーでもあるテリー植田さんからイベントの作り方から効果的な宣伝方法等について現場でレクチャーしていただきました。イベント企画というとアイデアとか勢いとか学園祭の延長のようなイメージしかなかったのですが、本物のビジネスでは実に細かい仕掛けがなされていることが分かり、ビジネスの厳しさを肌で感じることができました。受講生全員がより高い意識を持って、講義に臨むことができ、後期プロジェクトの企画づくりに向けての貴重な糧になったと思います。

 現在、私たちは試行錯誤しながら企画を立案中です!学生ならでは良い意味でのノリも大事にしながら、今までにないカルカルのイベントをつくりたいと考えていますので、ご期待ください!
随時Facebook(https://www.facebook.com/wakosngk2013)にて情報発信をしていきますので、そちらも是非チェックしてみてください。

経営メディア学科4年 若林研吾


最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ