キャンパス風景 |  2013/07/31


6月3日に、和光大学のA棟前に、「緑のカーテン」が設置され、およそ2か月後の7月26日に、元気に育った沖縄のアバシゴーヤを収穫しました。今年は豊作の予感です。この取り組みは、職員有志がはじめましたが、今年度は「麻生区・6大学公学協働ネットワーク」事業の一環として行われています。

201307311.png 201307312.png
▲6月3日に、A棟前に「緑のカーテン」が設置されました。

201307313.png 201307314.png
▲7月26日に、「沖縄アバシゴーヤ」を収穫しました。太くて短く、苦味少なめだそうです。

ゴーヤに豊富に含まれているビタミンCは、熱を加えても壊れにくく、夏バテ防止に最適です。
みなさまも、よろしければ、旬のゴーヤを食べて、暑い夏をのりきってください。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ