教職員から |  2013/07/17


信濃橋画廊は1965年に開廊し、2010年の閉廊まで、常に関西の現代美術をリードしてきたギャラリーです。その画廊主、山口勝子氏が収集した「信濃橋画廊コレクション」より、版画、絵画、彫刻、オブジェなど約160点の作品、および関連資料を展示します。

詫摩先生は小品1点のみの展示です。

一時代を築いた画廊を紹介する貴重な展覧会、関西へお越しの際には是非お立ち寄りください。

■期間:7月6日(土)-11月10日(日)
■時間:10:00~18:00
■会場:兵庫県立美術館

URL: http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/j_1307/config.html#config1

IMGss (1).jpg

★この情報は、芸術学科の詫摩昭人先生から寄せられました。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ