イベント |  2013/03/19


3月9日(土)、自然保護活動サークル・かわ道楽の10周年記念シンポジウムが、
本学コンベンションホールで開催されました。

当日の様子が届きましたので、ご紹介します。

130319kawadouraku_R.JPG--------------------------------------------------------------

和光大学のある川崎市麻生区岡上地区を中心に、
希少な動植物の保護活動をはじめとするさまざまな活動をしてきた
和光大学・かわ道楽が創立10周年を迎えたことを記念して、
「足もとの自然@和光大学」が、かわ道楽と総合文化研究所の主催で開催されました。

シンポジウムでは、かわ道楽の創立時からお世話になっていた
本学の最首悟名誉教授と、NPO法人鶴見川流域ネットワーキング代表理事、
慶應義塾大学教授 岸由二教授を講師としてお招きし、
今も精力的に活動を続けている「道楽者」たちの10年間の軌跡を見つめ直していきました。

今回のシンポジウムを開催するにあたって、企画立案、NPO法人や行政への共催依頼、
出演交渉、告知ポスターの作成、会場運営などのほとんどを学生たちで行い、
和光大学の学生の勢いを感じさせるシンポジウムとなりました。

詳しくはこちらをご覧ください
http://www.ryuiki-wako.jp/event/0744.html

--------------------------------------------------------------

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ