教職員から |  2013/02/26


総合文化学科の酒寄進一先生が翻訳を手掛けた
オーストリアの作家アンドレアス・グルーバーのミステリ
『夏を殺す少女』(創元推理文庫)が発売されました。

130226sakayori.jpgグルーバーは短編小説の名手として知られており、
今回、長編の翻訳出版に合わせて雑誌『ミステリーズ!』(2月号)では
短編2作も掲載されています。
こちらの翻訳も、酒寄先生が手掛けています。


どちらもぜひ、ご覧ください。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ