イベント |  2013/01/18


1/12(土)にシンポジウム「ポスト原発時代を生きる~上関・祝島の現場から~」が、和光大学で行われました。
当日は、学生、卒業生、地域の一般の方達を含め、約250人が参加しました。
その時の様子が「東京民報」に掲載されましたので、ご紹介します。
post-genpatsu.jpg

ポスト原発時代を生きる.pdf

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ