地域との交流 |  2012/07/26


環境保全グループ「和光大学・かわ道楽」の学生たちが、
岡上小学校の流域学習支援をしました。

少しですが、当日の様子をお届けします。
-----------------------------------------------------

環境保全グループ「和光大学・かわ道楽」は、
NPO法人鶴見川流域ネッットワーキング(TRネット)と連携して、
地元・川崎市立岡上小学校の流域学習支援をしています。

今年も、7月5日(木)にかわ道楽の学生4名が補助講師として、
TRネットの講師とともに、岡上小学校学習支援のお手伝いに行ってきました。

鶴見川と真光寺川の合流地点にある開戸親水広場に、
小学校4年生2クラス約40名の児童が集まり、川について楽しく学習しました。
今年度最初の流域学習とあって、ほとんどの子どもたちは川に入るのは初めて。
最初はおそるおそるでしたが、すぐに安全に楽しく足もとを流れる自然と
仲良くするコツを身につけたようでした。
次に川に入る機会も、和光大学の学生が地元小学生の流域学習のお手伝いをする予定です。

詳しくは、地域・流域共生センターのページをご覧ください。
http://www.ryuiki-wako.jp/news/0584.html

身体環境共生学科  堂前 雅史


okagamisho1-1.gif okagamisho2-1.gif
-----------------------------------------------------

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ