卒業生の近況 |  2012/01/16


以前、本ブログで紹介させていただいた、卒業生の早川嗣さん(06R)の作品『金星』が、
ご好評につき、1月28日からアンコール上映となります!
ぜひ、足をお運びください!

-------------------------------------------------
トリウッドスタジオプロジェクト第6弾作品
『金星』
2012年1月28日(土)よりアンコールロードショー

【タイムテーブル】
15:30/17:00

【料金】
一般:1000円 学生:900円

【劇場情報】
短編映画館トリウッド
〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-32-5-2F
TEL03-3414-0433
※火曜定休
-------------------------------------------------
kinnsei.jpg

上映期間は今のところ未定ですが、2週間は必ず上映されるとのことです。


心理教育学科の岩本陽児先生は、この作品を学生と一緒に観に行ったそうです。
映画を観た学生・卒業生から、次のような感想が届いています。

・へんに凝っておらず、おもしろかった。言い争いの時の若者の言葉や、介助者の持つ感情は、普段目をそらしがちな問題であり、とても考えさせられた。

・障害者自身の甘えに焦点を当てた作品はあまり世に無いと思います。この作品が障害者、普段障害者と関わらない健常者、そして障害者をサポートする人に対して「障害者の甘え」についての問題を投げかけてくれるのではないかと思いました。

・どこまでが「サポート」で、どこまでが「甘やかし」なのか、障害の捕らえ方から生じる、それぞれの登場人物の葛藤が、65分の映画に凝縮されていたと思います。

・悪いのは俊くん(主人公)の性格なのだろうか?社会システムか?世間の価値観か?過保護な親(介助者)か?いずれも複雑に絡みあっていて簡単に答えの導きだせることではないように思う。いや、そもそも答えはないのかもしれない。だから、考え続けるしかないのだ。改めてそう感じた。


-------------------------------------------------
前回のブログ「早川嗣監督作品『金星』上映中!」はこちら↓
http://www.wako.ac.jp/blog/index_univ/1878.html

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ