教職員から |  2012/01/11


本学でドイツ語の授業を担当する遠山明子先生(非常勤講師)が、
アグネス・ザッパー著『愛の一家』の新訳を出版されます。
この作品は、1907年にドイツで出版されて以来、
本国はもとより日本をはじめ世界中で読み継がれてきた家庭小説の古典です。
今回出版する本には、1920年代に書かれた原書の挿絵がふんだんに使われているそうです。
みなさま、ぜひご覧ください。

-----------------------------------
『愛の一家』(福音館文庫)
アグネス・ザッパー著 / 遠山明子 訳
120111tooyama.jpg

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ