教職員から |  2011/12/01


総合文化学科の坂井弘紀先生が翻訳した『ウラル・バトゥル』(平凡社)が出版されました。sakai_t.jpg

ウラル・バトゥル
坂井 弘紀翻訳 平凡社


---------------------------------------------------------------------------------

『ウラル・バトゥル』は、ロシア・ウラル地方、中央ユーラシア北部の民族バシュコルトに語り伝えられた代表的叙事詩。神話的要素を多く含み、勇士ウラルを主人公に、特異な精神世界を描き出す。この叙事詩の主要なテーマは、「死との戦い」である。ウラルは、死を倒し、永久の命をもたらす「命の泉」を手にするための旅に出る。死と戦うことは可能か、死から逃れ、永遠に生きることはできるか、生きることの意味とは何かを問う。

坂井 弘紀


---------------------------------------------------------------------------------

是非、手に取り、叙事詩を味わってみてください。
オンライン書店でも購入可能です。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ