授業風景 |  2011/09/21


この夏休みを利用して、経営メディア学科の丸山一彦先生のゼミが、
軽井沢で夏合宿を行いました。
その様子が届きましたので、お知らせします。

110916B0.jpg-------------------------------------------------

9月12日(月)~14日(水)の3日間、経営メディア学科の丸山ゼミ2年生が、
長野県の軽井沢にある軽井沢プリンスホテルで夏合宿を行いました。

丸山ゼミでは、ヒット商品(サービスも含む)の売れる理由を解明し、
そのヒット商品を超える新たな商品を企画・開発マネジメントすることを研究しています。
つまり思いつきや勘などで新商品を考えるのではなく、
確実に売れる裏付け(法則)を元に新商品を創造します。
このような学問をマーケティングと言います。
例年夏休み期間を利用して2年生は、
各グループテーマのヒット商品の売れる理由を解明する発表を行います。
前期期間、夏休みを使用して研究してきた成果を、魅力的にプレゼンします。
各グループのテーマと研究動機は以下のとおりです。

【電動歯ブラシの新商品開発グループ】
歯磨きは歯垢を落とすことが目的なのに、
電動歯ブラシの商品で、どうして歯垢を落とす機能・性能の高い商品が1位でないのか? 
何か理由があるはず。そこにヒットのカギがあるのでは?

【コンビニデザートの新商品開発グループ】
コンビニで高級デザートが売れている。味等の品質面にこだわり、
高級志向を求めるのなら、なぜ専門(ケーキ等)店に行かないのか?
何か理由があるはず。そこにヒットのカギがあるのでは?

【デジタル腕時計の新商品開発グループ】
腕時計は、時間を確認するために使用する。
時間を確認するためだけなら、なぜ何本も腕時計を所有する人がいるのか?
何か理由があるはず。そこにヒットのカギがあるのでは?

【目覚まし時計の新商品開発グループ】
目覚めるために、何台も目覚まし時計をセットする。
さらには携帯電話や音楽機器までプラスして、確実に起きるための準備をする。
どうして1つの目覚まし時計でダメなのか?
何か理由があるはず。そこにヒットのカギがあるのでは?



1日目はホテルに到着すると同時に、各グループに分かれて明日の発表準備を行いました。
良い発表を作り上げようと、各グループ、みんなで朝まで一生懸命議論を重ねていました。
丸山ゼミの団結力と情熱の強さを改めて実感しました。

110916B1_R.JPG 110916B2_R.JPG 
▲みな、真剣な表情。活発な意見交換ができたようです。



2日目は、朝から発表です。
各グループとも工夫を凝らした魅力的なプレゼンと説得力あるヒットの解明をしてくれました。

110916B3_R.JPG 110916B4_R.JPG
▲これは本当にヒットする新商品が企画できそうだ!と思うほどの発表でした



2日目の夜は待ちに待った懇親会です。
みんなで美味しい料理を満喫しました。これもマーケティングの勉強になります。
110916B5_R.JPG 



最終日は、軽井沢を堪能しました。
ホテルの近くにはアウトレットショップもあり、「勉強だけではなく遊びもしっかり両立」
をモットーに、仲間と有意義な時間を過ごしていました。

学生達は、仲間と一緒に苦労を乗り越え、やり遂げたという達成感と、
新しい自分や仲間の発見ができ、今後の勉強や就職・進学活動に
やる気や目的意識が高められたと、合宿に参加したことを大変喜んでいました。
次回は春に、ヒット商品を超える新たな商品の提案の合宿を行います。
今から春が楽しみです。

経営メディア学科 丸山一彦

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ