学生たちの活躍 |  2011/08/26


神戸市で開催されました第24回全日本高校・大学ダンスフェスティバルコンクール部門に
出場した学生達が、「審査員賞」を受賞いたしました。


身体環境共生学科の大橋さつき先生のもと、猛練習を重ねて発表した
作品のタイトル、テーマは以下の通りです。

「面―不在の痕跡―」

他者との間に、在る

私たちが他者を想う時、当たり前のように相手 の「顔」を思い出す。しかし、「私」は「私の顔」を直に見ることができない。私たちは、この「不在の痕跡」としてのみ存在する「顔」を 揺れ動く「面」として捉えた。「面」には、身 体の一部である顔だけでなく、全身や他者と関わり合う時に生まれる空間も含まれる。絶えず 移ろう私の面は、他者との関係から逃れようと すれば、さらにその輪郭を失ってしまう。
面は他者無しには現れず、私は常に「他者の他者」 として存在している。だからこそ私たちは互い を認めざるを得ない。それは逃れられない苦痛であるとともに、悦びでもある。他者との間 に、嘘も真実も過去も未来もすべて引き受けた 「面」が在る。

第24回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)についてはこちら↓
http://www.ajdf.jp/index.html
20110810神戸入賞.jpg

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ