学生たちの活躍 |  2011/08/02


身体環境共生学科4年の南雲麻衣さんが出演する演劇「五輪書のぼうけん」が
神奈川新聞(7月27日版)で紹介されました。
この演劇は、聴覚障害者を中心とした8人でつくる舞台で、
音声吹き替えや字幕はなく、舞踊と手話、身振りによって構成されています。
6月から稽古を重ね、8月6日(土)より横浜会場で2日間3公演、
東京会場で3日間4公演行います。

南雲さんは記事内で、

  今までは私たちが音楽に合わせていたが、今回は音楽が合わせてくれる。
  こういう逆のこともできると気づかされ、聴覚障害者も表現できると発見できた。

と、この間の稽古を振り返っています。


手話がわからなくても、役者の動きを追うことで、
登場人物が何を感じ、何を言っているのかの多くが伝わる内容だそうです。
みなさま、ぜひご覧ください。

-----------------------------------------------------

五輪書のぼうけん

【横浜会場】
◆日 程
  8月6日(土)①15:00開演 ②18:30開演
  8月7日(日)①13:00開演
◆会 場  横浜STスポット

【東京会場】
◆日 程
  8月12日(金)①19:00開演
  8月13日(土)①13:30開演 ②19:00開演
  8月14日(日)①13:30開演
◆会 場  中野テルプシコール

◆料 金  一般 2,500円(前売り)、3,000円(当日)
        高校生、大学生、専門学生 2,000円(前売り)、2,500円(当日)

◆チラシ  PDF(401KB)

-----------------------------------------------------

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ