卒業生の近況 |  2011/07/16


本学卒業生で、イタリア宮廷舞踏研究の第一人者である
小野千枝子さん(旧姓・藤林、43L)から、近況が届きました。
小野さんは現在、イタリア在住で、
毎年6月に、イタリア・アッシシ市主催「15世紀のイタリア舞踊コース」で
講師を務めていらっしゃいます。
今年で14年目だそうです。

そんな小野さんは、昨年からいくつかの小学校で、
イタリア宮廷舞踊を教えはじめました。

小さな小学生たちに教えるのははじめてのため、
その元気の良すぎる様子に戸惑ったりもされたそうですが、
ステップやテクニック以前に、これから育っていくこどもたちに、
現代にも通じる立ち居振る舞いを楽しく学べるようにと、
お作法や礼儀から、男女間でどちらの手を差し伸べるか、どちらの側に立つか、
ルネッサンス式をやさしくひもといて教えてらっしゃるとのこと。

小野さんのお子さんが小さかった頃、
恥ずかしがって「お母さん、僕の学校には来ないでね」と言われていたため、
邪魔しないように、小学校からはずっと遠ざかっていたそうですが、今は、解禁。

小野さんの新しい挑戦ははじまったばかりです。
今後のますますの活躍から目が離せません。

2011ono_R.JPG
▲アッシシ小学校での様子(2011年2月)

----------------------------------------
2009年にも、小野さんの活躍の様子をブログでお伝えしています。
https://www.wako.ac.jp/blog/index_univ/1241.html

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ