公開講座 |  2011/06/21


本学非常勤講師であり、オープン・カレッジぱいでいあでも「クラシック音楽の楽しみ方」、「リコーダーを楽しむ」を担当する中川つよし講師が、町田市民フォーラムで演奏会を行います。◇コメット友の会チャリティーコンサート
 「音楽の花束・古楽器によるバロック音楽の楽しみ」

 日時 2011年7/22(金)19:00開演
 場所 町田市民フォーラム3Fホール
     町田市原町田4-9-8 JR町田駅より徒歩5分 小田急線町田駅より徒歩8分

 出演 アンサンブル雲水
     中川つよし/リコーダー
     上田美佐子/バロック・ヴァイオリン
     坪田一子/ヴィオラ・ダ・ガンバ
     渡辺玲子/チェンバロ

 曲目
 ◆バッハ:コラール前奏曲「われ、汝に呼ばわる主イエス・キリストよ」BWV1038
 ◆パーセル:シャコンヌ イ短調
 ◆テレマン:トリオ・ソナタ ト短調
 その他

 入場料 前売り 2500円
       当日  3000円

 主催:コメット友の会
    予約問合わせ:コメット友の会事務曲
    TEL.042-718-4030

出演者プロフィール

◆中川つよし/リコーダー
イギリスのロンドン市立ギルドホール音楽院古楽科に留学。成城大学大学院修士課程美学・音楽学専攻)修了。リコーダーを大竹尚之、フィリップ・ピケット、パメラ・トービーの各氏に師事する。アンサンブル雲水、アルテミス・コンソート、代表。演奏活動のほか大学などで西洋音楽史の講義を担当、また音楽療法の分野でも活躍している。和光大学非常勤講師、同学オープン・カレッジぱいでいあ講師、国立精神・神経医療研究センター音楽講師。

◆上田美佐子/バロック・ヴァイオリン
武蔵野音楽大学器楽科ヴィオラ専攻卒業。磯義男、ウールリッヒ・コッホの両氏に師事。卒業後古楽に興味を持ち、バロック・ヴァイオリンを若松夏美、 Stefano Montanariの両氏に、バロック・ヴィオラを寺神戸亮氏に師事する。アンサンブル雲水、メンバー。その他多くの演奏家グループに参加し、中世からモダンまでの弦楽器奏者としてジャンルを超え演奏活動を展開している。

◆坪田一子/ヴィオラ・ダ・ガンバ
国立音楽大学楽理科卒業。在学中よりヴィオラ・ダ・ガンバを神戸愉樹美氏に師事。ベルギーにてW.クイケン氏、ポルトガルにてP.パンドルフォ氏のレッスンを受ける。ザ・ロイヤル・コンソート、アンサンブル雲水、メンバー。その他多くの演奏家グループの活動に参加し、コンサート、CDレコーディング等で活躍している。上野学園中学高等学校非常勤講師として古楽アンサンブルを担当。

◆渡辺玲子/チェンバロ
桐朋学園大学音楽部古楽器科チェンバロ専攻卒業。チェンバロを故鍋島元子、鈴木雅明の両氏に師事する。卒業後、主にアンサンブルで活動を続ける。「聴衆と一体感のもてる演奏を目指すこと」を信条としている。現在、東京古典楽器センター・ギタルラ社にてチェンバロ講師。アンサンブル雲水、バッハ・カンタータ・アンサンブル、メンバー。

◆アンサンブル雲水
UNSUI ensemble for early music
リコーダーの中川つよしを中心とした4人の古楽器奏者により1989年より活動を開始。「過去の音楽に生命を吹き込むこと」を課題に、17,18世紀の室内楽を当時の楽器と演奏技法を用いて現代に生きる音楽として演奏する。北区西ヶ原の銭湯・殿上湯での演奏会シリーズ「殿上の音楽/古楽in銭湯」は各方面から注目を集めている。2007年3月には東京オペラシティ近江楽堂において「美しき音楽の庭/イギリスの室内楽 ca.1600-1730」を開催、好評を博す。(財)北区文化振興財団との共催事業など多数。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ