教職員から |  2011/06/20


総合文化学科の酒寄進一先生が翻訳を手掛けた『犯罪』(東京創元社)が発売されました。
作者は、ドイツの弁護士フェルディナント・フォン・シーラッハ。
実際に起こった奇妙な事件を題材にした11話からなる短編集です。
東京創元社のホームページでは、「ここだけの訳者あとがき」を読むことができます。
今月は「シーラッハさんと過ごしたコーヒータイム」、
来月には「シーラッハさんと一緒にブレックファースト」と題した「あとがき」が掲載されますので、
こちらもぜひご覧ください。


東京創元社 公式サイト
http://www.webmysteries.jp/afterword/sakayori1106-1.html


201106sakayori.jpg

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ