教職員から |  2011/02/23


ドイツ・サイレント映画の金字塔ともいえる『メトロポリス』(フリッツ・ラング監督)
の原作小説を、総合文化学科の酒寄進一先生が
詳細な訳注と25ページのあとがきと共に翻訳出版します。

みなさま、ぜひお手にとってご覧ください。

-----------------------------------------------

『新訳 メトロポリス』(中公文庫)
テア・フォン・ハルボウ/著   酒寄進一/訳
2月25日出版

110225metropolis_R.JPG


漫画家の萩尾望都さんから、次のような推薦文が寄せられています。

 なんという物語!
 快楽と罪、労働と支配、父と息子。愛と悲しみ。
 あらゆる都市SFの原型がここにある。
 『メトロポリス』以降、世界の都市は予言のように『メトロポリス』の世界を生きてきた。
 バビロンのように、都市は崩壊する。それは巨大都市の持つ、運命なのか?

-----------------------------------------------

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ