イベント |  2011/01/29


国際交流センター長の加藤巌先生より、
『和光大学・マレーシア国立サバ大学特別セミナー 』の様子が届きましたので、
ご紹介します。
-----------------------------------------------------

1月27日(木)、国際交流センター主催で
『和光大学・マレーシア国立サバ大学特別セミナー』(Wako-UMS Seminar 2011)」
を開催しました。

今回のセミナーには、マレーシア国立サバ大学の
グレース・パン・イン講師が参加してくださいました。
また、先ごろまで青年海外協力隊員としてバングラデシュで活動なさっていた
宮下遼士氏にも参加いただきき、
バングラデシュのストリートチルドレンの暮らしを描いた映画
(邦題は「アリ地獄のような街」)をご紹介いただきました。
ちなみに、この映画と宮下氏のことが朝日新聞(2011年1月28日付け朝刊多摩版)で
紹介されています。

セミナー自体は、全て英語で行われました。
まず、本学経済経営学部のバンバン・ルディアント教授から
"Japanese Presence for the Tsunami's Disaster in Aceh"と題する報告がありました。
2004年12月にインドネシア・アチェ州を襲った津波の被害調査と
その後の復興に尽力したバンバン教授による、力強い発表でした。

0412tsunami.gif
▲陸上に打ち上げられた船
(2004年インドネシア・アチェ州を襲った津波の被害)


ついで、私と伊藤道興氏(東大博士課程学生)の両名が
" Recent demographic transition in Japan and Malaysia "と題する報告を行いました。
日本とマレーシアで将来起こり得る、少子高齢化の問題を取り上げた発表でした。

110127malaysia.gif
▲マレーシアの平均寿命の伸び


それぞれの報告の後、非常に活発な質疑応答が行われました。
こじんまりとしたセミナーでしたので、その分、中身の濃い議論ができたように思います。
セミナー後の感想でも、各参加者が有意義であったという感想が寄せられました。

次回以降も国際交流センター主催で国際セミナーを行いたいと考えています。
出来るだけ、多様な背景をお持ちの方々にお集まりいただければと願っています。


最後に、セミナーにご参加いただいた方々、ご協力いただいた方々に、
心より御礼を申し上げます


国際交流センター長  加藤 巌


-----------------------------------------------------


最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ