教職員から |  2010/09/01


経済学科の伊藤隆治先生が、8月28日(土)に開催された
千葉県市原市上総牛久(かずさうしく)のお祭りをプロデュースしました。

100828ushiku0_R.JPG

伊藤先生から、お祭りの様子が届きましたので、お伝えします。

-------------------------------------------------

千葉県市原市上総牛久のお祭りが、先週の8月28日(土)に開催されました。
和光大学の鶴舞セミナーハウスがある関係で、
この地域の低迷化したお祭りを再生させる為にプロデュースしています。
昨年までは、水と彫刻の丘ブースに私のライトアート作品を展示、
和光大生の模擬店出店などをしてきました。

そして、今年は、新しく伝説を書き下ろしました。
この地域に新しい伝説を作り、その伝説のお祭りにしようと考えたのです。

お祭りは夏と冬の年2回、開催されます。
伝説はこの町を水害から救った「ひかり大蛇」のお話。
お祭りは、夏と冬の年2回、平和にくらしているかを見に山から下りてくる
「ひかり大蛇」を祝うものです。

和光大学和太鼓サークル「竜鼓座」が、「ひかり大蛇」を祝いの舞で演奏し、
「ひかり大蛇」は地元の子どもたち約60人が演じました。
子どもたちは、反射板のついた衣装を着て、全長30mの大蛇の胴体になるのです。
大蛇の頭は、私の手作りで、和光大学の「竜鼓座」が演じました。

百年後、千年後まで続くお祭りにしていきたいと考えています。
今後は、地域活性化プロジェクトとして、
伊藤研究室で学生の実践の場として展開していく予定です。

経済学科  伊藤 隆治



100828ushiku1_R.JPG
▲伊藤先生手づくりの大蛇の頭と胴体を演じる地元の子どもたち

100828ushiku2_R.JPG
▲和太鼓サークル「竜鼓座」がお祭りを盛り上げました

■伊藤先生が書き下ろした牛久ひかり大蛇新伝説 ⇒ PDF(37.9KB)

-------------------------------------------------

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ