教職員から |  2010/07/20


経済経営学部の加藤巌先生が、マレーシアのマラヤ大学から
共著書『Japan in East Asia -Socio-Politics and Economic Dimensions-』を
出版されました。

1006kato.JPGマラヤ大学は、マレーシアで最も歴史ある大学です。
本のタイトルを日本語に訳すと、
「東アジアの中の日本-その社会・政治、そして経済的多様性について-」。
加藤先生は、第6章(Japan's Aged Society and Employment of Senior Citizen)を
執筆され、日本の高齢社会の実情と高齢者雇用の成功事例を取り上げて論じています。

実は、マラヤ大学には日本研究の拠点があり、マレーシア人、日本人研究者が集っています。
今回の共著書でも、日本留学経験を持つマレーシア人研究者らが
様々な視点から現代の日本社会が抱える問題点や未来展望を語っています。

-----------------------------------------
★この情報は、加藤巌先生から寄せられました。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ