公開講座 |  2009/07/21


7月19日(日)に「遊びの場づくりに役立つ『ムーブメント教育・療法』の理論と実践」第1回を開催しました。

この講座は和光大学オープン・カレッジぱいでいあと教育重点充実事業との合同企画で、
「からだ・あたま・こころでわかる!ムーブメント!」をテーマとし、
ムーブメント教育・療法の理解を深めたい方などを対象にした講座です。

第1回目は、「『ムーブメント』って何?~遊びの場の魅力を知ろう!~」
教室体験として、パレストラで学生さんが作った遊び場で親子18組が参加し、
それを見学し、一緒に一般の方30名が体験しました。

教室体験のテーマは「海賊になって遊ぼう!」

海賊・くじらなど、学生さんの様々なアイデアに子どもたちの目もキラキラ★

輪くぐり.JPG

くじら.JPG

海賊になった子どもたちは、ターバンをもらって海賊体操です。
小林先生も船長に変身!
船長.JPG


子どもたちのターバンは最後には洗濯して干したら大波に早変わり!
大波小波.JPG

たくさんのカワイイ海賊たちが、大きな海を泳いでいました。


後半は、J棟にて小林先生の講義と、大橋先生による遊具の説明です。
小林先生.JPG

第2回目は9月12日(土)「『がっこう』で、いま、ムーブメントにできること」です。
詳細はこちらをご覧ください。

お問い合わせは、
企画広報係
電話:044-988-1433
メール:open@wako.ac.jp

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ